ONA-DEN

オナ電でおすすめの優しい言葉責めについて

通常のセックスでも手や腰を振るだけの性行為のスキルではなく言葉を使う性行為のスキルを織り交ぜる事で精神や脳を刺激してより逝きやすくさせる事が出来ます。
オナ電では言葉で責める事は、女性を刺激する大きなポイントですが、責め方にも何種類かあります。
一つは優しい言葉責めです。
言葉責めという表現はおかしいとも言えますが、褒めてあげるという感じのコミュニケーション的な意味を含んだ言葉責めと言えます。
オナ電では基本的に声でしか相手の異性と繋がる事は出来ないので、相手を褒めてあげる事は大事なポイントと言えます。
愛情表現という意味もあります。
普通のセックスでは、目を見つめながら綺麗だよと言ったり素敵だよとエッチをしながら褒めてあげることが出来ますが、オナ電では基本的に相手の顔は分からないので、イメージしやすい言葉をチョイスする事も良いと言えます。
女性は褒められている、愛されている、必要とされていると言う事が喜びに繋がり、女性の中で膨れ上がり、脳みそから幸せ成分であるセラトニンの分泌を加速させることができるので結果としてその性行為で女性は幸せな時間を感じ取るようになります。
オナ電では初めて会う人もいると思いますが、人によっても好みは大きく異なるとも言えますが、無難に褒めてあげながら疑似セックスを進めると良いです。
オナ電をする前の普通の会話の中で、ある程度相手の特徴をつかんでおくと具体的に褒めると言う事がイメージしやすくなるのでおすすめです。

電話越しでイカせるワザとは!

全く知らない男性と電話越しにHをするのは、最初とても緊張したし、上手にできるのかな〜と不安でした。
でも、男性側も慣れている子より、初々しい感じがたまらないと言ってくれるので、リラックスした気持ちで、オナ電を楽しむことができました。
最初は、男性側がリードしてオナ電を進めて行きますが、やはりちょっと物足りないな〜と感じるようになり、こちらから刺激的な言葉を言ったり、音を聞かせてもらうなど、色々と生々しい言葉をアレコレ伝えながらオナ電を楽しんでいると、次第に男性も気持ちよくなり、けっこう大きな声でイク前など色々と話が盛り上がって、普段はなかなか味わえないようなHも思う存分楽しめるので、けっこうクセになります。
何よりオナ電を心置きなく楽しめるのは、充実した時間になります。
彼氏とは違ったドキドキ感は、やはり電話越しの特権ですし、全く知らない人をオナ電でイカせるのは、楽しいので思いっきり大胆発言もできるので、幅広くなの占めるようになりました。
普段とは違った楽しみ方が電話越しでは経験できるので、かなり満足度は高いです。
全く知らない方とのコミュニケーションは、電話越しでHするのは抵抗あるのかな〜と思っていましたが、逆に大胆になれるし、男性をイカせることが楽しくなったので、週末や時間がある時の楽しみになりました。
やはりこうした楽しみは作っておくべきだし、オナ電は幅広い男性と交流できるのでハマっています。